オンライントレードを始めるなら

FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

オンライントレード使いやすいですか

オンライントレードやってますか?今のオンライントレードは使いやすいですか?
前回は、株式注文から株の決済の初心者のために実際のオンライントレードの流れを紹介しました。
オンライントレードについて少しはお分かりいただけたかと思います。
さて、オンライントレード生活の第一歩が始まりましたが、あなたは今のオンライントレードで、株式の選択と注文をした時にその使い心地や手数料などに満足していますか。
オンライントレードを実際に始めて不満はありませんか。
ネット証券会社は簡単でいいのですが、会社選びはとても重要です。
自分の投資スタイルを振り返ってくみて、自分にあった快適なオンライントレードの株式投資の環境を選ぶようにしましょう。

よくオンライントレードで株式を取引すると、その手数料がかなりかかることがわかります。せっかく株価が上がって大喜びしても、結局取引の手数料がかってしまい、儲けはわずかなんてこともあります。
最近では、決められた額までは約500円しか取引手数料のかからないオンライントレード会社もありますし、10万円以下の取引の手数料が無料になったりするオンライントレードの会社もあります。
オンライントレードをする場合には、特に投資予算や投資スタイルにあった料金体系を選ぶようにしましょう。また、手数料が安いからといってオンライントレード会社を選んでしまうのも考え物です。
手数料だけでなく、サービス内容も確認も大切です。手数料とサービスのバランスを考えて比較し、よりよい選択をしましょう。

オンライントレードで口座を開くと、顧客サービスとして投資判断のためのファンダメンダルズ分析・テクニカル分析などの情報検索や・分析ツール、顧客サービスが無料で利用できるのです。こんな便利なサービスを利用しない手はありません。為替情報の収集と経済的基礎要因の分析は欠かすことができないからです。
だからといって初心者が一人でやるのには無理がありますからね。
もちろん国内株式やJASDAQなどの取引はもちろん米国株式やFX取引などを取引することができます。

いまご契約のオンライントレードに不満がある場合には、手数料とサービス体制をもう一度確認して
あたらしいオンライントレードとの契約も考えるえてみてはいかがですか?

株式注文から決済まで

前回は口座開設からオンライントレードを開始するまでの流れを説明しました。
今回は、株の初心者のために実際のオンライントレードの流れ。
株式注文から決済までの流れを説明してみたいと思います。

証券会社を選び、口座を開設し、発行されたIDとパスワードで専用ページへログインすると、オンライントレードの第一歩が始まります。
すなわち、株式の選択と注文。
買い注文の際には、以下の情報が必要となります。

まず株式の銘柄、それに購入する株数、それから証券コード、また数値や成り行きといった取引条件、そして注文の有効期間です。
株数は株式の銘柄によって売買単位が決まっています。
1株単位、また100株単位、1000株単位というものも珍しくありません。
証券コードとは、株式の銘柄ことに指定されている4ケタの番号です。

株式の売買が成立することを「約定」(やくじょう)といいます。
約定すると、購入代金と手数料が引き落とされるのは、約定日を含めた4営業日後です。
購入した株券はどうなるのかというと、株主の手元に届くわけではなく、預かってもらうことになります。

オンライントレードでの株取引は、現物を目にできるわけはないので少し不安に思うかもしれませんが、取引そのものは行われているのでご心配なく(汗)
初心者も最初は目に見えないところで金銭が動いていることにピンとこないようですが、すぐに慣れて理解できているようですしね。

株だと配当というものがあり、こういった保有しつづけることによって得られる利益をインカムゲインなんて言ったりしますが、インカムゲインはFXにも存在します。そうです。FXスワップですね。

一度オンライントレードを行えば、あなたも立派な(?)株主です。
FX初心者だって、一度為替にふれる(いや、触るという意味ではなく)ことで第一歩を踏み出します。
この第一歩からオンライントレードライフを充実させてください!

口座開設~オンライントレード開始

今回は、実際に証券口座を開設して取引を開設するまでの手順を説明してみましょう。
オンライントレードを始めようとしている株初心者さん、集まれ!

さて、まずは口座開設です。
そのためには証券会社を決めてしまわなくてはならないのですが、何社かに絞った証券会社に資料請求して更に決定し、口座開設を申し込みましょう。
何度もお話したとおり、オンライントレードにおける多くの場合が、口座開設費は無料となっています。

申し込みをしたら、証券会社から必要書類が送られてきます。
必要事項を全て記入して返送するのですが、その際免許証といった身分証明のコピーが必要となります。

書類を返送して数日を経ると、口座開設が完了。
そのことについては郵便で知らされるはずです。
中には取引の時に必要となるIDとパスワードが同封されているので、失くさないよう注意しましょう。

次に行うのが、開設した口座への入金です。
お金がなくては株が買えません(笑)
証券会社のサイトにアクセスして、発行・送付されたIDとパスワードにて専用のページへログインします。

専用ページへログインすると、いよいよオンライントレードが始まります。
購入する株式を決定して注文。
マーケットは日中しか開いていませんが、注文するのは夜中でも可能です。
ビバ☆オンライントレード。

では、あなたも充実したオンライントレードライフを。
いつでもどこでもオンライントレードができるって素晴らしいですね。
fxをスワップで行っている人たちも、このインターネットの利点にお世話になっているのですよ。

オンライントレードのスタイルを決めよう

オンライントレードに限ったことではありませんが、証券会社を選ぼうとすると、どこが自分に合っているんだろう?って悩みますよね。
手数料が安ければよいなんてこと、オンライントレードで言いきってしまうわけにはいきません。
サービス内容だって充分に比較しませんと。
でも、あらゆるサービスを比較しようにも、いったいどれが自分に合っているのやら・・・

どんなサービスが自分に合っているのかは、自分の投資スタイルと照らし合わせなくては判りません。
あなたの投資スタイルはどうなっていますか?
手数料を安くすませ、欲しい株券を確実に手に入れるためにも、まずはオンライントレードで行う投資スタイルをある程度はしっかりと決めておかなくてはなりません。

投資スタイルとして決めておきたいのは、例えば資金はいくらかということ。
当然のことですが、資金に応じて、手数料などを考慮しなくてはなりませんからね。
同時に、欲しい株がいくらくらいするのかということも知っておかなくてはならないでしょう。

また、自分の株の買い方も把握しておかなくてはなりません。
売買の頻度をどうするか、イメージできているでしょうか。

それから、株以外にも購入したい商品はあるか。
また、それはいくらくらいするか、ということも考えておかなくてはなりませんよね。

ショッピングに例えると、株の購入は夕飯の材料を買うのに似ています。
何を作るか頭の中で想像しながら食材を選ぶのと同じように、株も購入後のことをイメージしておかなくてはいけません。
衝動買いなんてもっての他ですね。

証券会社を使い分ける!?

オンライントレードにおいて、多くの証券会社は口座開設費や維持管理費を無料としています。
それが利点となっているためか、上級者はもちろんのこと、株の初心者の間でさえ複数の口座を開設することは常識となっています。

日本証券業協会が調べたところによると、オンライントレードの証券口座総数は2005年9月の時点でなんと790万。
4年前でこれだけなのですから、きっと今は更に増えていることでしょう。
とはいえ、もちろん日本国民のうち790万人もの人がオンライントレードを行っているわけではありません。

口座を開設しても、ずっとそれを利用し続けているわけでもありません。
自分に合った証券会社を見つけるために、何度も口座を乗り換える人もいるようです。
これも、いわば株で儲かるためのオンライントレードの秘訣なのでしょう。

口座をいくつも開設している人は、実際にどのようにして使い分けてオンライントレードを行っているのでしょう?
聞くところによると、次のようなパターンが多いのだそう。

まず、株の取引を行うときには手数料の安い証券会社。
投資信託はそれとは違う証券会社を利用し・・・
情報・分析といったツールを利用するならそれらを無料で使える証券会社を。

・・・といった方法です。
証券会社によっては、顧客獲得のためにあらゆる面で価格を安くし、サービスを充実させていますからね。
それらのいいとこどりをするのが、オンライントレードの技でもあるのです。

オンライントレードのリスク

オンライントレードは非常に魅力的で利点が多く、株取引入門としてはひじょうに始めやすい方法ですが、インターネットならではのリスクも少なからず背負っています。
オンライントレードならではのリスク・・・それはつまり、通信におけるトラブルです。

例えば、回線速度が遅かったり、インターネットが混んでいるために繋がりにくいといったことが考えられますね。
そのためのひとつの回避策として、以前ネット環境を整える際には回線タイプをなるべく早いものにすべきだとお話しました。
しかし、光ファイバーにさえすればそれが解消されるとは限らないのが、オンライントレードです。

例えば、証券会社のサーバーが一度に対応できる以上のアクセス数がある場合。
こうなると、繋がりにくくなっている原因は自分の方ではなく相手の方にあるので、対応のしようがありません。
かといって、サーバーの能力に限界があるのは仕方のないことですので、文句もいえませんしねぇ。

また、顧客データベースの管理中に、注文の取り違えや取りこぼしが起こることも考えられます。
オンライントレードといっても、証券会社で管理しているのは人間です。
こういったケアレスミスが起こる可能性も充分にあるでしょう。

前回挙げ連ねた大手の証券会社においては、これらのトラブルに対しては体制を万全に敷いています。
しかし大手というだけで安心してしまうのではなく、サポート体制が整っていることを確認するのも、証券会社選びのポイントでしょう。
株式投資の初心者さんならなおさら、細かい点にも気を配ってオンライントレードを行いたいものですね。

オンライントレードの証券会社

折角ですので、オンライントレードの証券会社をいくつかご紹介いたしましょう。
以下はそれぞれの証券会社と特徴です。
並びは人気順。

【SBI証券】
口座数でいえば、オンライントレードの専業証券として第一位となっています。
というのも、手数料の安さから知名度がうなぎ上りに上がったようで。

【岡三オンライン証券】
岡三証券グループで培ったノウハウを、オンライントレードでも活用。
その試みによって、取引環境を安全かつ先進的なものにできたようです。

【マネックス証券】
新しく、親しみやすいことでオンライントレードで評判となっているこちら。
夜間取引やミニ株といった多数の独自サービスが特徴です。

【そしあす証券】
信用買方金利、1.49パーセント。
これ、なんとオンライントレードでは最安値水準なんですよ!

【カブドットコム証券】
特徴はリスク管理追求型取引でのオンライントレードが可能であること。
その種類として、プチ株や逆指値注文などがあります。

【松井証券】
無期限信用取引手数料、無料です!
約定代金が10万円以下の場合、手数料は21となっています。

【内藤証券】
中国株といえばこちら!
中国株投資情報の充実度は他のどこにも負けてはいません。

【ジェット証券】
口座開設にかかる期間が、最短だとたった三日というこの早さ。
価格もオンライントレード業界では屈指の低さです。

【楽天証券】
こちらの人気は、なんといっても多彩な商品と無料取引ツール。
ツールは特に使いやすいと評判を得ています。

【クリック証券】
手数料はオンライントレード業界において最低水準です。
また、取引ツールが次世代的で、先進的なネット証券といえるでしょう。

【大和証券】
商品が豊富にとりそろえてあります。
国内株式に信用取引に個人向け国債、それから株式ミニ投資など。

オンライントレードの証券会社選び

パソコンは準備した。
ネット環境も整えた。
銀行口座もネットバンキングのものを開設した。
では証券口座はどうしよう・・・?

オンライントレードを始めるにあたって、証券会社選びは一番最初に生まれる悩みです。オンライントレードにおける証券会社選びのポイントは、手数料の安さや情報ツールなどのサービスになるでしょう。
口座の開設費や維持費は、大抵のネット証券会社は無料ですからね。
証券会社の中には、「証券総合口座」といってまるで銀行口座のように身近な機関として使える証券口座もあります。

最近のオンライントレードでは、証券会社を複数使い分ける傾向があるようです。
その理由は、リスクを分散させるため。
オンライントレードの上級者の間では、複数の証券会社で口座を開設するのがもはや常識となっているようですね。

・・・では、証券会社選びのポイントを以下にまとめてみましょう。

まず、口座の開設費や維持費にかかるコスト。
オンライントレードにおいては無料であることが当たり前となってきています。

次に、売買委託手数料といった取引にかかるコスト。

それから、リスクの説明。
商品性や追証については必須です。
それらがしっかりと説明されていなくてはなりません。

また、サポート体制についても忘れてはいけませんね。
疑問・質問には即座に答えてもらえないと、せっかくのオンライントレードが滞ってしまいます。

それに、オンライントレードですからシステム体制も重要。
注文方法や取引ツールは念入りにチェックしておく必要があります。

そして、前受け金の保全体制も、把握しておくべき事項です。

・・・以上を踏まえた上でより良い証券会社を選び、充実したオンライントレードを行いましょう!

オンライントレードの準備

わざわざ証券会社へ行かなくてもよくて、いつでもどこでも取引可能で、手数料が安いという嬉しい利点があり、加えてツールやネットであらゆる情報を収集できる、魅力いっぱいのオンライントレード。
そのオンライントレードをいざ始めるには、どんな準備が必要なのでしょうか。

オンライントレード、その響きは特別なもののように聞こえますが、必要な準備は普通の株取引とさほど変わりはありません。
株取引に必要なものに加えて、ネット環境に必要なものがあればいいだけです。
順番に挙げていきましょう。

まずはオンライントレードを行うための道具。
つまり、インターネットに繋ぐための、パソコンや携帯電話です。
オンライントレードにおいて一般的に利用されているのはパソコンです。
ネット環境さえ整っていれば携帯電話でのオンライントレードも可能ですが、パソコンでしか閲覧できない情報があったり、画面の大きさがチャート表示には不便だったりしますので、どちらか選ぶなら断然パソコンがお勧め。
オンライントレードに慣れてくれば、それらの両方をうまく使い分けるのも可能となるでしょう。

次にインターネット接続です。
これはオンライントレードに限ったことではありませんが、やはり回線タイプは光ファイバーなどの早いものに越したことはありません。
情報表示にかかる時間もさることながら、何かがあると即座に対応したいオンライントレードでは、回線の遅さのために失敗するなんてなんとしても避けたいことです。

それから、銀行口座と証券口座の開設。
証券口座は株の売買のために、銀行口座は入出金のために、どちらも必須のものです。
オンライントレードなら証券口座の申し込みは対象のサイトにて行えます。
銀行口座はオンライントレードに利用・管理がしやすいことから、ネットバンキングが良いでしょう。

オンライントレードの魅力・利点

引き続き、オンライントレードの魅力をお伝えしていきましょう。
オンライントレードの最大の魅力といえば、いちばん最初に述べた、わざわざ証券会社へと足を運ぶ必要がないことと、24時間いつでも取引が可能ということです。
ですが、それだけではありません。
さすがオンライントレードというべきか、他にも以下のような魅力や利点があります。

例えば、手数料が安いこと。
これはオンライントレードならではですので、挙げてしかるべき魅力でしょう。
1999年に株式の売買委託手数料が自由化されてからというもの、あらゆる証券会社の値下げにより手数料が激化しました。
その中においても更に安いのが、ネット証券です。
というのも、オンライントレードに必要なのはサイトやシステムであり、店舗や窓口やそれらの維持費が不必要なため。
オンライントレードにおける手数料が安いのは、値下げ競争の結果というだけでなく必然的なことでもあるのですよ。

それから、例えばプロしか使えないと考えられたツールを、オンライントレードでは初心者も使えるということ。
経済状態を把握するための情報ツールや、株価チャートがリアルタイムで確認できるツールは、例えプロでなくとも必要なものです。
オンライントレードなら誰でもこれらを活用できるんですね。

他に、例えば場所を選ばないということ。
インターネットは、行う時間が限られていないのと同じように、行う場所さえも自由となっています。
ネット環境さえ整っていれば、ノートパソコンでも携帯電話でもオンライントレードが可能。
出張中でも、旅行中でも、もちろん仕事中だってオンライントレードができてしまうのです。

また例えば、やっぱりなんといっても情報収集力があること。
インターネットはボーダーレスの情報収集ツールです。
経済ニュースやトレンド情報、また企業のプレスリリースなど、あらゆる情報を取引の参考のために収集することができます。

次ページへ »
経済